保険料を安くする方法から保険の選び方まで徹底解説!自動車保険マニュアル。

自動車保険マニュアル > 車両保険の補償 > 車両保険は車の故障(エンジントラブル等)による損害は補償される?

車両保険は車の故障(エンジントラブル等)による損害は補償される?

車両保険は、事故で車が故障した際に使用することができる保険です。そのため単なる車の故障(エンジントラブル等)によって損害が生じた場合、車両保険を使って修理をすることはできません。

たとえば、事故でエンジンが壊れたとします。このようなケースであれば、車両保険を使ってエンジンの故障を修理することは可能です。しかし、事故以外でエンジンが壊れた場合、車両保険を使って修理をすることはできません。

参考までに、ソニー損保の公式WEBサイト内で案内されていた内容をご紹介します。

故障による損害は車両保険で補償されますか

いいえ、補償されません。車両保険は偶然な事故によって契約車両に損害が生じた場合に補償するものですので、故障による損害は補償されません。

これはソニー損保に限らず、他の保険会社でも同様です。詳細は契約中の保険会社の約款を確認してください。

無料見積りはコチラ!

車両保険で補償されるケースとは?

保険会社が扱っている車両保険は、「一般型」「エコノミー型」の2つです。また、保険会社によって、「エコノミー型」の補償内容が更に細分化されていることがあります。

つまり、車両保険で補償されるケースは、一般型・エコノミー型のどちらに加入しているかで若干変わるということです。一般的には、以下の表の通りとなります。

補償範囲 一般型 エコノミー型
車対車 + A エコノミータイプ 限定A
他車との衝突・接触・追突
×
盗難
×
自然災害(台風・洪水・高潮・竜巻)
×
火災・爆発
×
落書き、いたずら、窓ガラス破損
×
当て逃げ
×
×
×
自損事故
×
×
×

一点補足します。上記表ではエコノミー型が3パターンに分かれていますが、保険会社ごとで内容は異なるものです。

車対車+Aしか扱っていないケースもありますし、セゾン自動車火災のように上記表よりも更に細分化されているケースもあります。

参考までに、ソニー損保とイーデザイン損保の公式WEBサイトを確認した上で、車両保険で補償されるケースについて以下にまとめました。

ソニー損保
補償されるケース 一般型 エコノミー型
火災・爆発
落書き・いたずら・窓ガラス破損
飛来中または落下中の他物との衝突
他の自動車との衝突・接触
台風・竜巻・洪水・高潮
盗難
電柱に衝突
×
自転車との接触
×
当て逃げ
×
転覆・墜落
×

ソニー損保公式WEBサイトより引用

イーデザイン損保
補償されるケース 一般型 エコノミー型
車との衝突
盗難
火災・爆発・台風・洪水・高潮・
落書き・いたずら・飛来中の物との衝突など
単独事故
×
当て逃げ
×
転覆・墜落
×
地震・噴火・津波
×

イーデザイン損保公式WEBサイトより引用

ソニー損保とイーデザイン損保を比較したところ、車両保険で補償されるケースに大きな違いは見られませんでした。

このように、実際に比較してみないことには、保険会社ごとの違いは分からないものです。

事故以外の故障トラブルで、車両保険を使うことはできないこと
車両保険で補償されるケースは、車両保険のタイプや保険会社ごとで若干違いがあること

上記2点について、正しく把握しておくようにしましょう。

自動車部品保険「パーツケア」について

事故以外での車の故障に備えたい場合、「パーツケア」の利用を検討しましょう。パーツケアとはどのようなサービスなのか、概要を以下にまとめました。参考にしてください。

パーツケアって何?

パーツケアとは、トライアングル少額短期保険株式会社が提供する「自動車部品保険商品」です。車両保険で補償されない、故障時の修理費用をカバーすることができます。

故障発生頻度、修理費用などの要望に沿って、複数のプランの中から選択することが可能となっており、保険料は車の年式・走行距離・排気量によって変動する仕組みです。

最高200万円まで(1年間)修理費用が補償されるため、新車保証が切れた方など、自動車の修理費用に備えておきたい方に適しています。

なお、パーツケアを利用する場合は、SBI損保などの取扱代理店を経由して契約することも可能です。

それから、もう1つ抑えておきたいのは、パーツケアが提供するロードサービスです。最低限の内容となっているものの、サービス内容が非常に充実しています。

近年の自動車保険では、必ずといって良いほどロードサービスが付帯されますが、保険会社によってはサービス内容が充実していないことがあるものです。

そのため、パーツケアのロードサービスと併用することで、更に手厚いサポートを受けることができます。

SBI損保の公式WEBサイト上で案内されていた、パーツケアのロードサービスの内容は以下のとおりです。参考にしてください。

4つのレスキューサービス

バッテリージャンピング
ドア解鍵(特殊なものは有料)
スペアタイヤ交換(1本まで)
現場給油作業(軽油・ガソリン等の油脂類は有料での対応)

5つの遠方トラブルサポート

車検証に記載されている使用の本拠地から100km以上(直線距離)離れた場所で故障し、自走が困難な場合に利用することができます。

タクシーサポート
1万円を上限として、目的地へ移動するためのタクシー代を負担して貰うことができます。
レンタカーサポート
1万円を上限として、目的地へ移動するためのレンタカー代を負担して貰うことができます。
代替公共交通機関サポート
車が故障した現場から自宅へ帰宅する場合、1名につき2万円を上限として交通費を負担して貰うことができます。
宿泊費用サポート
当日帰宅することが難しい場合、1名につき1泊15,000円を上限として、最寄りの宿泊施設の宿泊費用を負担して貰うことができます。
修理後搬送
車の修理が完了した後、5万円を上限として自宅までの搬送費用を負担して貰うことができます。なお、上記①から④のいずれかと重複して利用することが可能です。

5つの遠方トラブルサポートで特に注目したいのは、①から④のサポート内容です。保険会社が提供しているロードサービスの場合、上記①から④のサポートは扱っていないケースがあります。

詳細について事前に確認し、保険会社が提供しているロードサービスと、パーツケアのロードサービスをそれぞれ有効活用したいものです。

パーツケアのプラン

パーツケア:車の構造、装置に関連する故障トラブルをサポートしてくれる。
補償対象項目数412

パーツケア(福祉車両):パーツケアの補償対象項目412.にプラスして、福祉車両装置の補償が付いたプラン。補償対象項目数412+福祉車両専用装置

パーツケアライト・バリュー:故障が発生する頻度が高い電装品と、エンジントラブルを補償してくれるプラン。補償対象項目数143

パーツケアライト・電装品:故障が発生する頻度が高い電装品のトラブルを補償してくれるプラン。補償対象項目数106

パーツケアライト・エンジン:修理費用が高いエンジントラブルを補償してくれるプラン。補償対象項目数86

パーツケアライト・エンジン+(プラス):修理費用が高いエンジン、ミッションのトラブルを補償してくれるプラン。補償対象項目数157

以上がパーツケアのプランでした。なお、「補償対象項目数」の概要は、パーツケアの公式WEBサイト上で詳しく案内されています。

たとえばエンジン機構の場合、どの部品が補償対象となっているのかなど、かなり細かく記載されているため、事前に目を通しておきましょう。

車の故障の修理代はどのくらい掛るものなの?

事故以外で車が故障した場合、修理代はおおよそどのくらい掛るのでしょうか。

参考までに、SBI損保の公式WEBサイトで案内されていた内容を表にまとめました。まずはこちらをご覧ください。

故障内容 概算修理費用
エアコンの故障
10万円
パワーウィンドウの故障
6万円(両サイド)
カーナビの画面の故障
13.5万円
エンジンの故障
40万円
自動スライドドアの故障
5.5万円
ワイパーの故障
1万円

ワイパーやパワーウィンドウなど、10万円以下で修理できるケースもあれば、エンジンの故障のように高額な修理費用が掛ることもあります。

また、修理費用は業者によって異なるほか、車種や部品の種類によっても変動するものです。そのため、どのくらいの金額までなら自腹で修理をすることができるか、事前に決めておく必要があります。

その上で、不測の事態に備えておきたい方は、パーツケアの利用を検討してください。

【おすすめ】保険料が36,600円安くなりました!

私は年間で57,230円の保険料を支払っていましたが、保険スクエアbang!という一括見積もりサイトを利用して、保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

保険スクエアbang!は、見積もり結果がブラウザ上に表示されるので、すぐに保険料を知りたい方にはかなり便利なサービスだと思います。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

無料見積りはコチラ!
保険スクエアbang
ページトップへ戻る