保険料を安くする方法から保険の選び方まで徹底解説!自動車保険マニュアル。

自動車保険マニュアル > チューリッヒ > チューリッヒの口コミ・評判から顧客満足度を評価!各種ランキングも徹底リサーチ

チューリッヒの口コミ・評判から顧客満足度を評価!各種ランキングも徹底リサーチ

チューリッヒは、外資系自動車保険の中でトップクラスの実績を誇る保険会社です。補償内容を自由にカスタマイズできる他、JAFに負けないロードサービスの品質が魅力となっています。

また2016年頃から顧客満足度や事故対応力が格段にアップしており、いくつかのランキングサイトでも上位にランクインするようになりました。

そこで今回は、チューリッヒの顧客満足度評価について取り上げながら、特徴や押さえておきたいポイントなど、詳しく解説していきます。

無料見積りはコチラ!

チューリッヒの特徴の特徴について

チューリッヒ(ZURICH)は、スイスのチューリッヒにある外資系の保険会社です。ダイレクト型自動車保険の先駆けとも言われています。

2000年頃はCS(カスタマーサポート)対応の手本とされた保険会社で、顧客満足度の高さに定評がありました。

しかし2010年頃になると、ソニー損保、セゾン自動車火災、イーデザイン損保などがカスタマーサポートや事故対応に力を入れ始め、チューリッヒの影は薄くなっていったのです。

また、リーマンショックや保険金未払い問題などが引き金となり、ここ最近のチューリッヒは業績を下げ続けていました。それが、2016年頃から徐々に回復を見せ、2017年には見事に復活を果たしています。

先に触れたとおり、元々チューリッヒは応対品質が高い保険会社です。その秘密は、他社にはない「顧客の声が反映されやすい仕組み」を導入している点にあります。

他の保険会社でも顧客の声をサービスに反映させる仕組みはありますが、チューリッヒは独自のシステム使って、顧客の声に耳を傾けているのです。

数年前までは、「代理店型自動車保険と比較すると、事故対応や応対品質はいまひとつ」といったダイレクト保険会社の評判が目立ちましたが、現在はそのようなことはありません。

特にチューリッヒの場合は、一部の代理店型自動車保険よりも高く評価されていることがあるため、これからも目が離せないといえそうです。

なお、チューリッヒの自動車保険の仕組みはやや特殊で、初めての方には難しい点があります。

カスタマーの窓口で丁寧に対応して貰えますが、最低限自動車保険の基本的な知識は身につけておきましょう。

押さえておきたい3つの注目ポイント

チューリッヒの注目ポイントは、以下の3つです。

「J.Dパワー事故対応満足度2017年」第1位を獲得

チューリッヒは、「J.Dパワー事故対応満足度2017年」にて1位を獲得しています。2016年までは、それほど評価は高くありませんでしたが、事故対応品質の向上に力を入れているようです。

保険金支払いまでに掛る時間を短縮するなど、安心して事故対応をお任せできる仕組みがあるため安心できます。

一事故一担当制で事故対応のスペシャリストが担当

チューリヒの場合、事故対応は「一事故一担当制」です。担当者は全員、高度な事故対応スキルを身につけているため、どの担当者が対応しても安心して事故対応を任せることができます。

また、人身事故、物損事故ごとに専門の担当者が対応するため、事故状況に合わせた解決が可能です。

無料ロードサービスの品質が高い

ダイレクト型自動車保険の事故対応は、非常に品質が高いことで知られています。契約1年目から無料対応となるサービスの種類が多く、「ペットホテル宿泊費」などもサポート対象です。

また、レッカーけん引距離は100km(自ら搬送先を指定した場合)となっており、自宅から離れた地域で事故に遭遇しても安心できます。JAFと比較しても遜色ない、高品質なロードサービスを利用できるのは魅力です。

※チューリッヒ指定の修理工場までけん引する場合、距離無制限(無料対応)

チューリッヒの良い口コミ・悪い口コミを公開

ネット上で公開されていた、チューリッヒの良い口コミ・悪い口コミを以下にまとめました。

良い口コミの代表例
ロードサービスがとても良かった
保険料がかなり安くなった
電話対応がとても丁寧だった
割引率が高い
コストパフォーマンスが高い
相手方との交渉がスムーズだった
補償を自由に選べるところが良い
保険料を抑えやすい
初期対応が迅速で良かった
事故の相手に対しても丁寧に対応してもらえた
悪い口コミの代表例
担当者によって応対品質が違う
急に保険料がアップした
過失割合が適当だった
事故が解決するまでに時間がかかった
ロードサービスの対応に不満があった
事故後の対応が不満だった
対応が遅かった
電話を架けるたびに担当が変わって困った
事故の経過報告がなかった
臨機応変に対応して貰えなかった

チューリッヒの口コミを総評

チューリッヒの良い口コミで目立ったのは、「補償が充実している」「保険料が安くなる」「コストパフォーマンスが高い」といった内容でした。ざっと口コミの内容を見ただけでも、満足度が高い様子が伺えます。

また、長年に亘ってチューリッヒを利用している方が多い様子が伺えるため、その事実が満足度の高さを裏付けているともいえそうです。

自動車保険の概要や仕組みをある程度理解しており、自分で補償設計ができる方は、補償内容を充実させた上で保険料を節約できる点も高く評価されていました。

一方、悪い口コミについてですが、事故対応に関する内容が目立ちます。ただし、これには理由がありそうです。

チューリッヒの場合、元々は顧客対応や事故対応に定評がある保険会社として知られており、多くのダイレクト型自動車保険会社は、チューリッヒのサービス品質を参考にしていたほど注目されていた時期がありました。

しかしここ数年、業績の悪化などからチューリッヒは評判を大きく落としていたこともあり、悪い口コミが目立つ原因となったことが考えられます。

ただし、ここ最近になって徐々に信頼は回復し、事故満足度を含めた顧客満足度は飛躍的に上がってきました。

そのため、悪い口コミ内容に関しては鵜呑みにせずに、他社と十分に比較した上で判断することをおすすめします。

チューリッヒの保険料を独自ランキングでチェック

同じ見積もり条件で14社の自動車保険料を算出し、独自でランキングを作成しました。

チューリッヒの保険料はどのくらい安いのか、他社と比較してみることにしましょう。まず以下の表をご覧ください。

見積もり条件

試算条件
被保険者の設定
年齢
41歳
ノンフリート等級
11等級
運転者年齢条件
35歳以上補償
トヨタ ノア
初度登録年月 平成17年12月
免許の色
ブルー
使用目的
日常生活・レジャー
年間走行距離
3,000km~5,000km
基本補償設定
対人賠償
無制限
対物賠償
無制限
人身傷害
3,000万円
搭乗者傷害
0円
車両保険
なし
特約
家族限定特約

上記の見積もり結果をもとに14社の保険料を算出した結果、以下のとおりとなりました。ランキング形式で表にまとめています。

ランキング結果

順位 保険会社名 年間自動車保険料
1
SBI損保
23,570円
2
三井ダイレクト損保
25,470円
3
アクサダイレクト
25,930円
4
チューリッヒ
26,365円
5
ソニー損保
27,980円
6
イーデザイン損保
28,320円
7
セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
28,390円
8
セコム損保
33,040円
9
そんぽ24
34,370円
10
朝日火災
39,870円
11
損保ジャパン日本興亜
43,240円
12
三井住友海上
45,570円
13
あいおいニッセイ同和
45,830円
14
東京海上日動
48,300円

14社の保険料を算出したところ、チューリッヒは4位となりました。2位三井ダイレクト、3位アクサダイレクトとそれほど変わらないことが分かります。

また、1位のSBI損保と比較しても3,000円ほどしか変わらないため、保険料は安いと考えて問題なさそうです。

最下位の東京海上日動と比較した場合ですが、2万円以上保険料が異なる結果となりました。

2万円の差はさすがに大きな差ですので、特にこれから保険会社の乗り換えを検討している方は、チューリッヒへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、1つ注意したいのは、今回の見積もりは最低限の補償内容のみとしている点です。補償や特約の内容を充実させると、代理店型自動車保険並みに高くなる可能性があります。

そのため、必ず保険料が安くなるとは考えずに、見積もり時はいくつかの見積もりパターンを試しながら他社と保険料や補償内容を比較するようにしましょう。

一括見積もりサイトを使うと、容易に比較することができるため、有効活用することをおすすめします。

チューリッヒの顧客満足度

2017年度に発表された、チューリッヒのランキング結果をご紹介します。まずは、以下の表をご覧ください。

ランキングの種類 順位
J.D.パワー「2016年 日本自動車保険事故対応満足度調査」
3位
価格コム「自動車保険 満足度ランキング(2017年)」
8位
オリコン「事故対応 満足度ランキング」
6位
楽天「総合満足度ランキング」
6位
goo「事故対応で選ぶ!自動車保険の顧客満足度ランキング」
5位 圏外
保険スクエアbang「総合満足度ランキング」
5位 圏外

全体を通してみると、比較的平均的な内容となっていることが分かります。

ただし、2016年のランキングも含まれているため、2017年11月現在のチューリッヒの評価は上がっていると考えて問題ありません。

特に注目したいのは、顧客満足度調査(CS)の権威である、「J.Dパワー」が2017年のチューリッヒの事故対応を高く評価している点です。

上記の表にある「J.Dパワー」のランキングは2016年の結果ですが、チューリッヒの公式 WEBサイトでも公開されている通り、2017年の事故対応部門では見事1位を獲得しました。

総合のランキングでは平均的な結果となりましたが、事故対応品質を重視する方は、新規契約または乗り換え先としてチューリッヒを候補の1つとすることをおすすめします。

なお、各ランキングでは、独自の評価基準を用いてランキングを決めているため、大きく順位が異なるケースが少なくありません。

そのようなときは、前項でお伝えした口コミ情報も取り入れながら、総合的に判断するようにしましょう。

【おすすめ】保険料が36,600円安くなりました!

私は年間で57,230円の保険料を支払っていましたが、保険スクエアbang!という一括見積もりサイトを利用して、保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。

保険スクエアbang!は、見積もり結果がブラウザ上に表示されるので、すぐに保険料を知りたい方にはかなり便利なサービスだと思います。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

無料見積りはコチラ!
保険スクエアbang
ページトップへ戻る